スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valentine Day

昨日はバレンタインデーと1週間ぶりのお休みが重なった。オフ前は色々とお誘い(新人ですから)がありホテルに戻ったのは朝方。昼まで寝てその後はオフ恒例(?)のローカルバスの旅にでる。

と言っても行き場所は決まってるけど…。バスに揺られること1時間半、那覇にある国際通りに到着。ふらっと観光客に混じりながら散歩。気がつけば前のオフにも行ったスタバへ。カフェラテを手に空いてる席を探す。目の合った外国人が「楽しい日本語」とやらを読んでいる。

"Are u studying Japanese?(日本語勉強してるの)" 那覇の高校で英語の先生をしているJose君。出身はプエルトリコなのでスペイン語が母国語。勝手に席につき話すこと2時間。そして次のオフにも会うことに。いやいや外国人と話すとホッとするね!

8年ぶりにバレンタインのチョコレートやらも頂いた。女性から男性へ、これはどうやら日本だけ(?)の行事みたい。アメリカではどちらからでも良かったし、チョコレートを渡しあうってのもなかったよな。

誰からって?

コーチ全員に配られたファンの方々×2。
ホテルの従業員より宿泊者全員へ×1。
フリーランスのジャーナリストからコーチ陣へ×1。

皆様有難うございました。

っていうか沖縄ほんまに寒い毎日。いつになったら晴れるんやろか…。

スポンサーサイト

いよいよ

帰国して1週間。ほんまに慌ただしく沖縄に乗り込み、今日で自主トレ終了。いよいよ2008年のシーズンが2月1日にスタートする。新天地で新たな気持ちで「日本流」でやってきます。

時間があれば更新したいと思いますが、まずは3月2日まで我武者羅に戦います。落ち着いたらまたよろしく!

ありがとうアメリカツアー②

21日。今日は「マーティン・ルーサーキングJrデー」で休日。昼前に目が覚める。外は雪が降り始めている。この日の最高気温が15Fということは…-7,8℃。中西部の冬はほんまに厳しい。オマハもこの時期朝夕は-20℃まで下がるのだ。

今日も友人たちとカフェでおしゃべり。オマハには2000年4月から2003年の8月までいた思い出の地。はじめて来た(住んだ)町やし、なんか今ある原点のような気がする。大好きなオマハの街から明日日本へ旅立つ。最後のディナーはオマハで出会った2人の親友達と共にした。最後まで思い出話で盛り上がった。

8年近くに及んだ海外生活もこの日でいったんお終い。オマハで始まりオマハで終わる。

ありがとうUSA!

Nebraska.gif

「オマハってどこやねん?」

UNO campus 1

University of Nebraska at Omahaのキャンパス。

Best friends

Best FriendsのQちゃんとマリア。

ありがとうアメリカツアー①

1月17日朝サンチアゴ(ドミニカ共和国)を出発。

マイアミ(フロリダ)-ダラス(テキサス)-メンフィス(テネシー)。友人の迎えで母校のあるアーカンソー州、ジョーンズボロへ到着したのが夜の9時。

18日、午前中に慣れ親しんだアーカンソー州立大学のキャンパスへ。在学中お世話になったスペイン人のAnna先生を突撃訪問。テニス部の面々にも会えた。懐かしい! でももう戻ることわない…だろう。アーカンソーに立ち寄った最大の目的は「運転免許証の再発行」だったので、オフィスに行き、$10払って更新。
ASU campus1

ASU flag

夕方3時メンフィスを飛び立つ。途中シャーロット(ノースキャロライナ)に寄り、フィラデルフィアに到着。自宅のあるウェストチェスターまで40分のドライブ。せやけど東部の冬は寒い!!! 南国ドミニカ帰りにはかなりこたえる。暖炉に薪を入れる。ヒーターが故障中なのでリビングで毛布に包まりながら一夜を過ごす。
Home in WC


翌19日、ニュージャージー州ですしシェフとして働く兄を訪ねる。途中ハドソン川岸にそびえたつビル群、ニューヨークシティ。

NYC.jpg


20日、朝の便で最終目的地、オマハ、ネブラスカ州へ。

つづく

serie del caribe 2008

ほんまに苦しかった今シーズン。特にプレーオフに入ってからこの日まで長かったこと…。アギラスは3位のエストレージャスを敵地で下し、2位でドミニカ最終決戦に駒を進めた。と同時に、ドミニカ・サンティアゴで開かれる*「カリビアンシーリーズ」への出場権も得たのである。
serie del caribe2008

昨シーズンはレギュラーシーズン、プレーオフ、決勝シリーズ、そしてプエルトリコ開催のカリビアンシリーズを圧倒的な強さで勝利したアギラスだったが、今シーズンはレギュラーシーズンではまさかの3位で、プレーオフも一時「敗退」もよぎった厳しい戦いであった。敵地だったのでビールかけはなかったが静かに選手たちと傾けるシャンパンの味もまた格別(ほとんど飲んでいませんが)、プロでやっている以上「勝利に酔う」、これに尽きる!

チームは金曜日から宿敵リセイと5試合先取の決勝戦へ進む。私のドミニカでの仕事はここまで。ほろ酔い加減の監督、オーナーに挨拶を済ませ2007-8シーズンを締めくくった。野球人間やないのにアメリカで144試合、ドミニカで67試合…正直ホンマに疲れた、ほんでよく耐えたもんだ。野球、しばらくいいですわ(笑)。

ドミニカ共和国のプロ野球で2シーズン働けた経験は今後の更なるステップにつながるだろう。私はプロの世界に身を置くフリーランスなので来季のことはわからないが、他にも見たい、経験したい国もある。それについてはゆっくりと今シーズン考えてプランを暖めていきたいと思う。

ようやく8ヵ月半(カナダ5ヶ月、ドミニカ3ヵ月半)に及んだホテル生活から開放される! いやいや、2月からまた沖縄でホテル生活でしたね…。まあ、ほんまに2007年度は動きまわった。2008年はペースダウンしながら、「プランB」に移るとするか。(プランB???)

ありがとう、アギラス、サンティアゴのアギルーチョ(アギラスファンの事を指す)、ほんでドミニカ共和国。

Hasta la vista

*カリビアンシリーズはカリブ海を囲むドミニカ共和国、プエルトリコ、メキシコ、ベネゼエラの4ヶ国代表がカリブ№1を決めるカリビアン最大の野球の祭典。毎年各国受け回りで行われ、2008年はプエルトリコが出場しないため開催国であるドミニカ共和国から2チーム出場。

P.S.明日から「ありがとうアメリカツアー」に出てきます。帰国は23日です。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。