スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢破れる

1月6日、東西のラグビー場で2つのチームがシーズンを終えた。彼らに共通している点はトップリーグ(日本ラグビー界の最高峰)の下に所属するトップイースト11とトップウエストのチームで共に今季中のトップリーグ入りを目指していた。

トップイースト11のレギュラーシーズンを3位で通過してプレーオフに進出したNTT Communicationsには大学時代の後輩が所属している。近年日本ラグビー界もプロ化が進みラグビーだけに専念できる環境も整いつつあるが、彼は毎日5時まで働いた後に練習に参加する「サラリーマンラガー」だ。会社のサポートもあり例年になく本気度の高いチームだったが、同じくトップリーグ入りを目指すセコム(昨年度上から降格)に敗れ涙を呑んだ。
images.jpg
index_logo.gif


同じく「夢破れた」チーム、Honda Heat。トップウエストを2位で通過し、昇格まであと一歩だったHeat。今季から社業を離れラグビー部のマネージャーになった同期。「働き盛り」のこの時期にあえてラグビーだけに専念することを選んだ彼。「(仕事を離れる)不安はないって言ったら嘘やけど、真剣にラグビーのことに専念できる数年があってもエエやろ。」誰よりもチームを愛し、また家族の理解があるから引き受けたこの仕事。まさしく「ラグビー愛」を持つ熱い男だ。
honda heat


両チームの関係者の皆さんシーズンお疲れ様でした。2008年は一度でも多く会場に足を運び声を嗄らしたいと思います。

やっぱりラグビーってええな!

P.S.1月2日、王者に果敢に攻めた後輩達、(舞台はちゃうが)俺も攻めを忘れたあかんなと改めて感じました。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。